設計・監理事例

北海道パッシブハウス

設計・監理事例その1

北海道パッシブハウス

北海道初の、北欧パッシブハウス性能基準で、完成させた住宅です。

 

完成後、暖冷房の電力消費、熱交換換気電力消費をはじめ、各室の温湿度測定を継続的に計測し、北欧型パッシブハウスが、北海道の気象条件にどの様に対応出来るかを、居住しながら確認しています。

また、体験型実証実験住宅として、一般公開しています。

ご希望の方は、ご連絡頂けば、何時でもご覧いただけます。

(事前にご連絡下さい。ご連絡はお問合わせ欄から、メール出来ます。)

 

 

延べ床面積:127㎡(38坪)

床断熱:EPS300mm

外周基礎:EPS120mm+XPS75mm+EPS50mm

外壁断熱:ロックウール465mm

屋根断熱:ロックウール526mm

計算年間暖房消費エネルギー量:電力消費量1800Kwh、灯油換算180L(1.4L/㎡)

実測年間暖房消費エネルギー量:電力消費量1583Kwh、灯油換算158L(1.25L/㎡) 

セミパッシブハウス

設計・監理事例その2

セミパッシブハウス

2×6構造に、内外付加断熱で、外郭を構成したセミパッシブハウス性能の住宅です。

外装は、乾式タイル貼り、屋根はアルミ瓦を道内で初めて採用しまいた。

海辺に建つ建物の為、耐食性に優れた素材を使い、耐久性と耐震性を強化しています。

内装もグレードが高く、世代継承型住宅を想定した建物です。

 

延べ床面積:264.29㎡(79.9坪)

床断熱:EPS200mm

外周基礎:EPS120mm

外壁断熱:ロックウール290mm

屋根断熱:ロックウール435mm

計算年間暖房消費エネルギー量:灯油換算1920L(7.26L/㎡)

 

高性能住宅

設計・監理事例その3

壁断熱200mm、トリプルガラス樹脂サッシと、木製断熱ドア+風除室で、外郭を構成した高性能住宅です。

外装には、乾式タイルを貼り、重厚感のある建物です。

 

 

 

 

 

延べ床面積:175.55㎡(53.1坪)

床断熱:EPS100mm

外周基礎:EPS75mm +30mm

外壁断熱:ロックウール205mm

屋根断熱:ロックウール335mm

寒冷地仕様住宅

設計・監理事例その4

建設地内陸寒冷地の条件に於いて、外郭部補強を重点にして、室内温熱環境を計画した住宅です。

オール電化仕様で、窓廻りの暖房強化により、廉価な窓採用を補う工夫としています。

木製断熱ドア+風除室は、積雪の多い地理的条件に、貢献しています。

 

 

 

延べ床面積:152.37㎡(46.09坪)

床断熱:EPS100mm

基礎外周:EPS75mm+30mm

外壁断熱:189mm

屋根断熱:335mm

お問合せ

TEL: 011-375-9663

FAX:011‐375‐9665

携帯:090‐4873‐1934

メールは、お問合せから。 

 メインホームページ (http://www.imagawa-k.jp

営業時間

平日 8:00~20:00

土日 8:00~20:00

祝祭日8:00~20:00

定休日

不定期休

ご連絡頂けば、いつでもご対応します。